事業資金が足りない時にはどうすればいい?事業者向けのローンの利用も検討すべき?


事業者へのサポートに定評がある銀行を借入先に選ぼう

店舗の拡大や設備投資、従業員の採用など様々な目的で事業資金を借入したい場合には、個々の事業者へのサポートに定評がある銀行を借入先の候補に選ぶことがおすすめです。全国的に展開している大手銀行の中には、事業者向けの専用の融資の窓口を設置して、ベテランの行員による相談対応に力を入れているところも多くあります。そこで、ニーズに合わせてスムーズに事業資金を工面するうえで、早めに気になる銀行の取り組みを確認しておきましょう。なお、事業者向けのローンの組み方については、素人にとってなかなか理解しづらいところもあるため、審査に申込をする前に簡単なシミュレーションをしてくれる銀行を選ぶのも良いでしょう。

まとまった金額の融資を受ける際は貸付金利をチェック

銀行からまとまった金額の融資を受ける際は、滞納などの問題が発生しないようにするため、各銀行の貸付金利を比較しましょう。銀行によっては、資本金や年間の収支の状況など一定の条件を満たす企業を対象に、低金利で融資を行っているところもあるため、余裕を持って信頼できる銀行の窓口を訪れることが大切です。また、事業資金の融資の限度額については、それぞれの銀行の方針や事業者向けのローンのプランの内容などによって大きく異なります。そうした中、百万円を超える高額なローンを組みたい場合には、将来にわたって無理なく完済を目指すために、こまめに銀行の担当者と相談をしながら、返済期間や返済方法についても慎重に選択することが肝心です。

事業を始めるにあたって、店舗や事務所の取得費用など、始業前に必要なものだけでなく、開業後に生じる従業員への給与や水道光熱費なども事業資金に含まれます