法人デビットカードは作りやすいの?審査について解説します


法人デビットカードを発行するための審査

法人デビットカードは、決済の時に口座から決済の金額分引き落とされるシステムのカードです。決められた日にまとめて引き落とされる法人クレジットカードとは、支払タイミングが異なります。クレジットカードでは決済時に口座にお金が足りなくてもカード会社が立て替えますが、デビットカードは口座にある金額までしか使うことができません。そのため、カード会社が立て替える必要のない法人デビットカードは貸し倒れ損失が発生するリスクもなく、審査基準も非常に甘いという特徴があります。設立したばかりであったり、赤字決算であったり、法人クレジットカードの審査に通らないような会社でも、カードを作成できる可能性が高いのです。

法人口座を開設するための審査

法人デビットカードは銀行が発行しているカードです。法人口座と紐づけられているので、カードを利用するためには法人口座の開設が必要になります。口座の開設には審査があります。カードを作るための審査は甘いですが、口座開設のための審査に通らなければカードを利用することはできません。口座開設の審査でチェックされるポイントは資本金です。資本金1円でも会社を設立できますが、あまりにも資本金が少ない場合では審査に落ちる可能性が高いです。法人口座を利用した犯罪を防ぐために、登記上の住所で実際に事業が行われているかどうかも確認されます。また、事業内容の説明も求められます。会社の目的が不明瞭で実態が把握できないと、口座を開設できなくなるかもしれません。事業内容を明確に伝えられるように準備するようにしましょう。

会社設立から間がない場合でも、法人のデビットカードは与信審査なく発行されますが、ポイントが付与されないことや付帯サービスの充実度が低いこともあるので注意が必要です。